日々の生活、サイト更新、趣味愚痴その他をつらつらと。
沖ノ島を主体とする古代遺跡群が、次期世界遺産に勧告されたとのニュース。
でもなぜ、沖ノ島だけなんだろう。
なぜ宗像は省かれたんだろう。
古代史好きにとって確かに沖ノ島は重要視されるトコロだけど、
宗像の三女神たちだって、十分、重要視されると思うんだけどな。

海の守護神、海を守る女神ともいわれる宗像三女神。
海や川や池に近い神社には、たいていお祭りされてますよね。
葵家の近くにある大きな池にある神社にも、市寸島姫命が祀られてます。

壬申の乱の活躍でも知られる高市皇子(天武の長子)の母は、胸形徳善の娘。
宗像に居を置く豪族、胸形氏の娘でした。
古代、天皇家に娘を入れるくらいの力を持っていた豪族だった、胸形氏。
それだけ宗像という地が歴史的に重きを置き、力を持っていたんでしょうね。

7月の正式決定までに、どうにか宗像を含めた登録になりますよう、
心からお祈りいたします。
スポンサーサイト

【2017/05/06 22:38】 | 未分類
|