日々の生活、サイト更新、趣味愚痴その他をつらつらと。


最終日前日に滑り込んだ、大和和紀・漫画家50年記念の原画展。いやはや、きれーでした☆

コミックとか持ってても、やっぱり原画の迫力は違います。何より大きいからタッチの細かさとかグラデーションの付け方とかがよくわかる。最終的には人物以外の主線をホワイトでつぶしてくから、重たくならずきれいに見えるのね。漫研にいたせいか、つい、そーゆー目で見てしまう私(^_^;

グッズはさすがに完売近く、言い方悪いけどポストカードなども「…いっかぁ」という絵のものばかり。初日とか早い時期には、もっときらびやかに揃ってたんでしょうね。残念☆

全体的に「あさきゆめみし」と劇場公開が発表されてる「はいからさんが通る」がメインでしたが、葵の作品が一枚ぽっきりってのがなー。そりゃぁ藤壷や紫の上に比べちゃしょうがないケド、あまりな比率にちょっと凹。まぁ葵の凛々しさは出てたけどね。一作品もなかった花散里と末摘花よりは、ヨシとせねば。

画像は撮影OK出てたパネル2種。さすがに紫の上のはめこみに自分の顔入れる猛者はいませんでした☆
スポンサーサイト

【2016/07/11 17:52】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可