日々の生活、サイト更新、趣味愚痴その他をつらつらと。
こんばんわ。
拙ブログを読み、息子さんに歴史好きになってほしいという内容の
拍手をいただきまして、どうしたら歴史好きになれるのかというコトで…
こんな歴史バカの娘が出来るまでを、ちょろっと書いてみようかなと。

まず初っ端は、親が歴史漫画を買い与えたトコロからでした。
どーせ漫画読むならためになるもの…ってんで、「まんが日本史事典」全三巻。
でもあいにくとこれ、すでに絶版でした。
スタートにはちょうどいいと思うんですよね。
古代(卑弥呼とか)から近年(太平洋戦争あたり)までが全三巻の中にあり、
通して読めば、歴史の粗方が分かるという仕組みです。

んで、次に買ってもらったのが、漫画偉人伝シリーズ。
着物の女の子の表紙がきれいだった紫式部や淀君に、
歴史好きの父の影響・好みが出てたのか、織田信長とか勝海舟。
あとは上記全三巻の中から気になってリクエストしたのか、
ヤマトタケルノミコトに聖徳太子…と続きました。
紫式部の詠んだ「めぐりあいて…」の和歌から百人一首に惹かれ、
「源氏物語」がライフワークになったのはここからです。

小学6年生で歴史の授業が本格化すると、教科書や資料集さえも
突っ込んだ見方をするようになって、夏休みの自由研究では
資料を片っ端からまとめて「日本の人物誌」みたいなのをノートにまとめ、
「小学生でこのレベルまで調べられるのは素晴らしいことです」と
先生のコメントをいただいたのは、今でも覚えてるし…多分、取ってあると思う。

あとは「なんて素敵にジャパネスク」で平安期に転びました。
氷室冴子作品を網羅し、「銀の海 金の大地」・「ヤマトタケル」を読み、
これで古代史への下敷きが出来てたんだろうなと思います。

中学に入って、「夢語り」という漫画で鎌倉に転びました。
作者がアンチ北条に反旗を翻す…って感じの北条LOVEなシリーズで、
鎌倉期の北条氏の生き生きとした姿が何とも言えず。
血で血を洗う鎌倉期だったけど、親としての苦悩、恋人への想い、
それを超えても覚悟をしなければならかったのは、幕府を支えること…。
自分を殺してでも彼らが守ろうとした鎌倉(幕府)に惹かれ、
中学の頃は鎌倉まで足を延ばして、ぐるぐると史跡巡りをしてました。

で、上記作者が原作とまで言ってたのが、永井路子せんせの「北条政子」。
これで本格的に歴史に転びました。
永井せんせの描く歴史上の人物は、もう目の前にいるというか…
友達みたい、まるで家族みたいな親近感なんですね。
水を飲むように身体にスッと入っていき、じんわりと染み渡る…
永井せんせへのFANレターにも、そう書きましたっけ。
「歴史をさわがせた女たち」のシリーズなんか、中高生にはもってこいですね。

そして古代に転んだのが、高校の時…?
高校の図書室に山岸良子さんの「日出処天子」が1巻だけあって、
文字通り舐めるように読みまくり、聖徳太子の時代にどっぷり。
就職してお給料で愛蔵版を大人買いしたのは私ですv
そこから蘇我氏に興味を持ち、永井せんせの「美貌の女帝」も手伝って
古代史の世界へどっぷりこ…今のなららんへと続くのです。


■結果、簡略に言うと■
★まずは一度、歴史を通しで見られるよう、ダイジェスト版などに目を通す
★その中から興味を持った人物に注目し、伝記漫画などに行く
★も少し興味が出たら、その人物に関連する史跡を訪ねる
    →彼らが実際どんな場所に立ち、どんな景色を見たのかを実感…
      ここいらはひたすら想像力の問題デス
★さらにそこから枝葉を広げ、周囲の関連人物に興味を持つ
    →紫式部と道長・摂関家とか、聖徳太子と蘇我・物部氏とか
     ここまでくると、もうどこまでも掘り下げる事が出来ますv


まぁあくまでも葵的私感なので、女性目線が息子さんに対し、
どこまで通じるのかってのが気になるトコロですけどね。
男の子なら、やっぱり戦国なのかな。
ベタなところで信長・秀吉・家康と続いて、周囲の大名に目を向けるとか。
はまってきたら、系図を書いてみるのも面白いですよ。
いろんな作品読んでくと、結構あちこちでつながってて。
藤原道長の娘の血筋から、平清盛までつながってるのを見つけた時には、
一種、軽いトランス状態に近いほどコーフンしましたもんv


以上、クソ長くなりましたが歴史バカ娘・葵が出来るまで、でした。
果たして参考になってるのか、はなはだ疑問ですが…ご考慮下さいませ☆
今、気になって「歴史好きになるには」とかでざっと検索したトコロ、
やっぱり歴史が苦手って人が多いのにびっくりしました。

ふっへぇ~…。

私なんか、理科とか数学とかのがワケわかんないよ。
年号とかそーゆー系の数字は頭に入るケド、数字と科記号は嫌い。
数学なんて、もう算数レベルの段階で嫌いだもんね~って、
もしかして私、「数学を好きになるには」で検索するべきだった…?(滝汗)
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
今、気になって「歴史好きになるには」とかでざっと検索したトコロ、
やっぱり歴史が苦手って人が多いのにびっくりしました。

ふっへぇ~…。

私なんか、理科とか数学とかのがワケわかんないよ。
年号とかそーゆー系の数字は頭に入るケド、数字と科記号は嫌い。
数学なんて、もう算数レベルの段階で嫌いだもんね~って、
もしかして私、「数学を好きになるには」で検索するべきだった…?(滝汗)
スポンサーサイト

【2016/07/12 23:02】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可