日々の生活、サイト更新、趣味愚痴その他をつらつらと。

セールも終わり、先日発売された「天智と天武」、ようやく読みました。11巻で最終巻とは…ひどい。もっと深く濃ゆく読みたかった(T_T)

そうきたか!!というラストでした。聖徳太子=蘇我入鹿という説は知ってるケド、どうだかなと思ってたのですが、むぅ…。でもやっぱり、永井せんせの「美貌の女帝」から続く私の中の聖武・光明子嫌いは続きそうです。てか、蘇我・愛が強すぎて、アンチ藤原なんだよね。これはなかなかなおらないだろうなー。

どちらかというと天智は苦手としてたトコがあったケド、今回考えを改めるきっかけになったかな。山階の陵にも行って、陵印もいただいてこなきゃね。瀬田や大友の最期の地も訪ねてみたいな。ん~…興味の幅が広がる作品でした。感謝vvv
スポンサーサイト

【2016/09/03 23:31】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可