日々の生活、サイト更新、趣味愚痴その他をつらつらと。

石山寺を諦め、国立博物館の樂野寺(←木偏に樂が正字)展に来ました。こちらも12月早々に最終なので、慌ててね。最近なららんばかりで、駆け込みが多いなぁ(^_^;

特別室第5室のみだったので一周まわると早いのですが、そこは充実度MAX。密度が違います。メインたる十一面観音は、普段は厨子の中にいられるとかで、こうして全容を拝見出来るのは貴重です。愛用の単眼鏡でしっかりうかがいました。

ただやはりどちらも落魄がはげしく、手足の欠損が痛々しい。そして光背フェチの葵さん的には、光背あるのが二体だけだったのがちょっぴり残念でした。でも地蔵菩薩の木造光背は素晴らしかったな、うん。小さい室内に密度たっぷり。大満足な樂野寺でした(*^_^*)
スポンサーサイト

【2016/12/01 15:17】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可