日々の生活、サイト更新、趣味愚痴その他をつらつらと。
昨日書店にて、懐かしい田辺聖子さんの「隼別王子の叛乱」を見つけました。
改訂版が出るとは聞いてたのですが、やはりよいですね。
思わず手に取ってしまいました。

葵さんが古代史好きになった、きっかけの一冊でもありました。
仁徳天皇といわれた大鷦鷯(おおさざき)の弟・隼別(はやぶさわけ)を中心とし、
彼を巡るいろいろな人の語りによって、隼別を浮き彫りにする物語です。
兄弟の間で取り合いになる美女・女鳥(めとり)とかに注目が行きがちですが、
私は断然、嫉妬深いと言われがちな磐之媛(いわのひめ)らぶでしたね。

夫が新しい妻を迎えようとする(言わずもがなの、古代は一夫多妻制)時、
皇后であればどっしりとかまえているはずなのに、醜く嫉妬してしまう。
でも、本来女性としては、それが当たり前の姿ですよね。
儀式の支度に宮殿を離れた隙に、夫である大王(おおきみ)が若い女を召した。
それに激怒し、大王自ら迎えに来ても心を開かず、とうとうその地で没してしまった。

…かたくなと言えばかたくなだけど、自分の心に素直だったんでしょうね。
好きだからこそ、その裏切りが許せなかった…かわいいじゃないですか?

私のHNの語源ともなってる、「源氏物語」の葵の上も、かたくなな女性でした。
年上の正妻であることがネックになり、どうしても源氏に心を開けない。
源氏が他の女性と浮名を流しても、嫉妬するのはみっともないと育てられ、
心のままに、源氏をなじることすらできなかった真相の姫君。
苦しかったろうなぁと思います。

なんだって私はこう、本来一般的読者が主軸としてみるであろう登場人物でなく、
その脇にいるキャラに感情移入してしまうんでしょうねぇ。
感じるポイントが、人とどこかずれてるのかしら。
私自身がかたくなというか、意地っ張りなトコがあるせいなのかもな、とかね。
でも、それもまた個性ですよね、うん。

意地っ張りでかたくなで、時にかわいげが無いと思われるかもだけど、
実はものすごくかわいい女性たち…。
もし興味を持たれたら、一読していただけたら嬉しいなと思います。
きっとFANになると思いますよv
スポンサーサイト

【2017/02/23 23:22】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可