日々の生活、サイト更新、趣味愚痴その他をつらつらと。
こんばんは。今日は7月17日、ボスこと石原裕次郎さんの命日でした。ひつこく毎年書いてると思いますが、「太陽!」世代にはゆるぎない圧倒的存在で、今も心に深く刻まれてる人です。

タイトルの緑のスカートも、そんな思い出のひとつでした。確か小学生になるかならないかの女の子が、目の前で両親を亡くしたかで、しゃべれなくなってしまい、外界との交渉を断ち、自分だけの殻に閉じこもっちゃったんですね。そんな彼女にボスは優しく接し、その傷ついた心に入り込んで彼女の心を開き、ようやく真犯人を突き止めて事件は解決。その時彼女がはいてたのが緑のスカートで、これがまた私が持ってるのとほぼ同デザイン。なので高校生を最後にはいてないよそ行きのソレは、未だ捨てられなくて、タンスの奥深くに眠ってるのであります☆

ボスはいつだって理想でした。どっしりと構えた力強さも、くしゃりとした笑顔も、無線マイクを持つ指先のしなやかさも、ブラインドの隙間に目を細めて見遣る姿も。そのどれもが理想で、だから未だにひとりもんなんだろうなー。ボス以上の男性(ひと)に出会えたら…それは奇跡ってヤツなのかもしれないですね。

明日あさってと連休で、あさっては病院です。明日、体調よく起きられたら(←ここがポイント☆)、久々にお墓参りに行こうかな。むせ返るような花々に囲まれて、悔しいくらい自慢げにほくそ笑んでるであろうボスに会いにね☆
スポンサーサイト

【2017/07/17 23:02】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可