FC2ブログ
日々の生活、サイト更新、趣味愚痴その他をつらつらと。
こんばんわ。
お休みの日にお疲れモードの葵デス。

4月1日、昨日から新体制となり、頼りがいのある主任を無くしたフロアは
糸の切れた凧のようにふらふらと…というか、その分さらに忙しさを増し。
もう初日にしてノックアウト状態でした。

そして今日は、異動のなかった葵さん、例によって担当の季節商品の
秋冬ものの展示会巡りに、休日の一日を費やしてまいりました。
大きな建物でドカンとまとめてくれりゃいいのに、今日は個別メーカーの
展示会をこそこそと4社分ハシゴしてきて…足が棒。
去年と違う会場のメーカーさんトコは、スマホ片手に会場探し。
会場内でも展示商品とカタログとをにらめっこしてたので、目がしょぼしょぼ。
せっかく久々にPC開けたのに、すでにおねむ状態です。

昨日は新元号・令和の発表に沸いた一日でしたね。
「何年生まれ?」と問われれば、西暦ではなく「昭和…」とか「平成・・」と
答える方(葵さんも昭和と答えるクチです)が多いと思われるので、
元号はやはり日本人にとって大切なものなんですよね。
新元号発表に、これだけ注目度が集まってたのも、うなずけます。

万葉集を起点とされ、心はなららんの葵さんは「ほほぉ~…」と。
百人一首は競技かるたとしても注目度を浴びていますが、
これを機に万葉集へ手を伸ばしていただけると嬉しいなと思います。
万葉集の、大和言葉独特のやわらかい響きが好きです。
おススメは読むだけでなく、ぜひ口ずさんでいただきたいです。
響きというか、リズムが良いのが万葉集の特徴なので、
万葉集の良さがより一層楽しめると思いますよ。

葵さんの万葉集への入り口は、集英社文庫の「わたしの古典」シリーズでした。
万葉集担当・清川妙さんの鮮やかな解説と表現が、素晴らしいの一言に尽きます。
このシリーズはすごくわかりやすくて、いろんな古典への入門編として
友人知人へもおススメしたのですが、さすがに今は絶版ですねー。
久々に本棚の奥から引っ張り出して、あの美しい響きを体感したくなりました。

…ってか、もう目が開かないよぉー。
誤字脱字になる前に、失礼いたします☆



スポンサーサイト




【2019/04/02 23:35】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可